2017/03/01

春、間近

 3月になりました。朝晩の冷え込みは相変わらずですが、日が長くなるのに伴って、日中は徐々に春めいてきています。今日は庭の沈丁花の花が2輪、咲いていました。水仙も咲き出しました。

 秋葉まつりは当日朝の5時ごろから大雪となり、練りは中止、御神輿のみとなりました。このようなことはサンパチ豪雪(昭和38年の大雪災害)以来、と聞いていますが実際どうなのかわからないぐらい、めったにないことでした。一年かけて準備してきた保存会や神社総代の皆さん、この日のために練習を重ねてきた鳥毛役や踊り子の皆さん、そして家々でおきゃく(宴会)の用意をしてきた地元の皆さんのことを思うと、天のなせることとはいえ、なんともやりきれない2017年の2月11日でした。
 秋冬野菜も終わりを迎え、大根とカブに花芽が芽立ちだしたのですべて引き上げ、ジャガイモを植えるように畑を準備しました。最後の大根でおでんをつくりました。この冬はたっぷりの野菜に恵まれ、本当に野菜は買わずにすんだ冬でした。感謝感謝。
 さて、高知ではあと3週間もすれば桜が咲き出します。春、間近、です。

2月11日朝の家からの様子。
IMG_5524.jpg

この冬最後かもしれない、おでん。
IMG_5526.jpg
2017年