2015/03/13

はたらく休日

 突然冬に舞い戻って雪が降りましたが、まぁ3月中は無きにしも非ず。それでも日照時間が伸びているので真冬の寒さとはやはり違いますね。で、今日は暖かかった!朝寒かったので畑へ少し厚着をしていったら大汗かいてしまいました。

 ということで、今日はお仕事がお休みだったので、一日畑へ。春らしく天気の移り変わりがめまぐるしいので、晴れたときにやっつけておかないと次いつできるかわかりません。なので、一生懸命やりました。
 まずは茶へ2月末に続き、今年2回目の肥料を。紅茶はアミノ酸が多いとえぐみが出るので、今年から紅茶にする二番茶になるべくチッ素肥料が行かないよう、春の被覆肥料(じわじわしみ出すコーティングがしてあります)をやめたので、代わりにこの3月の肥料を少し増やしました。全部で120キロ。20キロずつ、肥料をまくリュック型の背負いに入れてえっさほいさと山登り。4カ所あるので1カ所やってからその畑の近くに嫁ぎ先のお墓があるので、墓掃除もしました。もうすぐお彼岸なので!
 そうしたらお昼近くになったのでいったん帰宅。夫がお昼を帰ってきて食べると言っていたので12時には帰って支度しておかないとまずかったので(笑)。
 それから肥料をあと3カ所。一番山の上にある茶畑の、その一番上の2列が畑より上にある他人の林のヤブに囲われてきて世話も大変だし日があまり当たらず芽が出ないし、というわけで、今日はおすそ分けしてもらったクヌギの苗木も4本、茶の間に植えました。チャノキはとても強いので、世話をしなくなってぐちゃぐちゃに混み合っても枯れません。なので、放棄茶園は人がまったく中に入れないヤブになってしまいます。かといって、株ごと引くのもなかなか大変。クヌギが大きくなったら日陰になってチャも弱るし、あとはしいたけ原木にしてもいいし、というわけで、たった4本ですが植えてみました。
 肥料が終わってから、菜園の除草作業。夕方になってきて寒くなってきたので18時で退散しました。でもけっこういろいろやったなぁ。クヌギを植えに行くときに、ウサギの食害よけにペットボトルを切ったのを作っていたのに持って行くのを忘れたので、それだけ明日に持ち越しになりしました。今晩かじられていませんように・・・

 東日本大震災から4年が経ちました。毎年この3月中旬の肥料を入れるときに、あの震災後の日々を思い出します。津波被害のあまりのひどさと、原発事故の底知れない恐怖に、片時もニュースやネットから目が離せず、それでも何とか気持ちを奮い立たせて、茶畑に肥料をまきに行き、ひとりよく晴れた穏やかな青空を見上げたことを決して忘れないでしょう。あれから4年で何が変わり、何が変わらず、そして何が忘れ去られていこうとしているのか。目をこらして、大事なことを見落とさないように。
2015年
« 春の息吹 | HOME | 気づけば »