2014/07/17

土いじり

 梅雨明けかと思いきや、湿度は高い薄曇りのいやな天気が続いています。連休頃から明けるでしょうか。

 今日は仕事がお休みだったので、月曜日に行ってあまりの草ぼうぼうに愕然とした茶畑へ行ってきました。暑いので、畑が日陰になる午後から3時間ほど。それ以上やると明日の仕事に影響しそうだったのでやめました。あと2時間あったら終わるかなぁ・・・それでも毎日のお仕事のおかげで、去年だったら3時間もやったら確実にヘロヘロだったと思うのですが、それほどまでには至らず。来年はもっとばりばりやれそうです。
 職場の方に「あきぶろう」という豆(インゲン豆の一種)をいただきました。銀不老(ぎんぶろう)は最近高知県内ではちょっと有名になっていますが、あきぶろうは「秋不老」なんでしょうか。さてこの豆、仕事の休憩時間にポットに土を入れて豆を植えた状態までにしてもらってお持ち帰り。早くも芽が出てきました。が、ものすごく大量・・・どなたか畑に植えたい方はご連絡ください。さやごと食べられてとてもおいしいそうです。が、かなりツルが伸びるようなので、高い垣が作れるところに植えた方がいいそうです。さらに上の方になった実が採れるように工夫した方がいいとも言われました。うちは傾斜地の猫の額菜園。石垣に竹を立てかけて上の段へ伸ばそうかなと思っています。上の段からも採れるし。
 一緒に働いている非常勤さんたちは、非常勤採用時の条件が「茶を栽培している人」なので、みんな野菜作りもお手のもの。「今からならあれを植えたらいいよ」「こういう風に育てるとうまく育つよ」「肥料はこれこれがいいよ」などと、的確なアドバイスをいただきますが、それほど手が回らないし、土地もほとんど義母が野菜を植えていて空いている場所は義母には危なくて行かせたくない傾斜地ばかり。しばらく放置していたところも多いので、除草から畑地づくりまで考えると、今からなら秋野菜からでないと間に合いません。
 庭もそろそろ草花を植えたいなぁと思っているのですが(せまいので木本はパス)、何を植えていいのか思案するばかり。やっぱりこれも秋以降かなぁ。
 土いじりも楽しいのですが、基本、植物を枯らすのが嫌いなので、世話にドタバタします。まずはとりあえず、新築祝いにいただいた蘭の鉢をどうするか、悩ましい日々です。
2014年