2014/03/10

黄色いホコリにやられてます

 今朝起きたら山の上の方は白くなっていました。昨晩の雨が雪になったようです。今日も風が強くて寒いです。明日でもう3年になります。よく「東北を」「福島を」「私たちを」『忘れないで』と言います。グアテマラの人たちも「私たちを忘れないで」と言います。「あの戦争を忘れてはいけない」というのもどこか似ている気がします。「忘れない」ということはどういうことなんだろう。今もまだ自分の中で答えは出ず、考え続けています。

 土曜日はいつものように午前中は義母を買い物に連れて行って、そのまま別枝へ。「秋葉まつりの里を元気にする会えんこ巌」の連絡会があったためです。前日に事務局に電話して聞くと、昼から防災会議に出席しなければいけない人が数名いるので、作業は午前中早めに切り上げて連絡会をするということでした。それで買い物から直行で急いで行ったのですが、よくある話で農作業というのはやり出すとやめられないので(笑)、結局は昼を過ぎてから皆さん帰ってきました。それで一緒にお昼ご飯をいただきながら話をして帰宅しました。
 それから着替えて茶畑へ。機械で整枝できないところの刈り残しがあったので、それをやっつけました。チャノキにつもった花粉がもわんもわんと舞い上がり、これはけっこうまずいかも、と思いつつ、2時間ほど作業しました。そして案の定、夜は花粉症の症状に悩まされました・・・
 日曜日は朝から夫と茶の化粧刈り(春整枝)へ。前日、花粉がすごかったのでマスクを二重にして行きました。茶を刈る機械は可搬式(2人用)を使用しているのですが、刃の上に茶の切り枝がたまらないように風で吹き飛ばすようになっています。そしてその風は私の顔へ・・・わかってはいたけど、まぁつまり花粉をわざと顔へ向けて吹いているようなものです(笑)。幸い目に症状はあまり出ない方なのでよかったのですが、今晩もやばい、ということだけは明らかでした。
 半日で作業は終わったので、午後から夫と高知市内へ。夫の車の一年点検でした。16時頃ディーラーへ着いて預け、代車を借りてあちこち買い物へ。18時半頃ようやく点検が終わり、受け取ってから久しぶりに薊野にある焼肉屋さんへお好み焼きを食べに行きました。焼肉屋さんだけどお好み焼きもおいしいお店なのです。でも、ウエイトレス的な役割のバイトさんが一人いるものの、厨房はおばちゃんがひとりで切り盛りしているので、忙しいとお好み焼きはお断りされます。この日は注文したときはお客さんは他に1組でOKだったのですが、それからすぐ他のお客さんが入ってきて、頼んだ広島風は手間がかかるので普通のに変更してくれと言われ、待つこと1時間近く。(ちなみにいつも時間はかかります)ようやくありつけました。おいしかったー!夫の行きつけですが、隠れた名店です。待っている間にどんどんお客さんが来て店はほぼ満席に。お好み焼き頼んで大丈夫だっただろうかと心配しました。繁盛しているようで、まだしばらくお店は大丈夫そうです。おばちゃん、体に気をつけてがんばってください。
 帰りに、同じく花粉症の母に点鼻薬がけっこう効くと聞いていたので、夜に備えてドラッグストアに寄って買いました。買って良かったです。よく効きました。おかげでよく寝られて疲れもだいぶ取れました。花粉症ではあるものの、最近はそれほど重症化しなかったのですが、今年はちょっときてます。今年の予想では花粉の飛散量は少ないと言っていましたが本当でしょうか?春整枝で機械が黄色になったのは初めてなんですけど・・・桜が咲く頃にはスギは終息するはずなので、あと少し、がんばります。

evs_3.jpg
(2人用の茶を刈る機械・オチアイのサイトからお借りしました)
2014年